お悩みごとの矯正メニュー

tel_sp.png
お問い合わせフォームへ

出っ歯

横顔のラインがイマイチ…。不細工に見られてしまう?

出っ歯を放置しておくことのデメリットは、外見ばかりではなく、次のような健康に対するリスクも出てきます。

  • 1. 前歯の虫歯になりやすく、歯周病も進行しがち
  • 2. 口呼吸が多くなるので、喉が渇いたり唇が乾燥したりやすい
  • 3. 口をあけて寝るので、アゴが下に下がり、睡眠時無呼吸症候群になる確率がアップ

本来、出っ歯の矯正治療は下アゴが成長する前から始めるのがベストですが、大人の場合、すでに骨格が完成されているので、上の前歯を後退させるように矯正します

気になる出っ歯を矯正するために、ほかの歯の矯正が必要なことも

出っ歯が悩みだからと、出っ歯だけを矯正するわけではありません。
出っ歯をできるだけ後退させるためには、ほかの歯も少し動かしておさまりのいい状態にしなくてはいけません。

前歯の歪み

他人に絶対見られる前歯が歪んでいませんか

前歯を削ったり被せたりするのは、手軽な矯正ともいえますが、本当の意味での矯正治療ではありません。

八重歯

八重歯が可愛い、と言われたのは昔のこと

欧米では昔から八重歯は「悪魔の歯」として忌み嫌われています。八重歯があると虫歯になりやすく、会話をする際に唇がひっかかりやすく、喋りにくさを感じたりすることも。

抜いたままにしていませんか?

八重歯が1本ないだけでも噛み合わせに及ぼす影響は大きいのです。
身の回りにお年寄りがいらっしゃったら、ちょっとお口を見せてもらってください。ほとんどの方が入れ歯を装着していらっしゃると思いますが、八重歯が残っている方はまずいらっしゃらないはずです。なぜだかおわかりですか?
八重歯はモノを正しく咀嚼するのには困りものの存在だからなのです。おそらく大半の方が、今日までの間に八重歯を抜いていらっしゃいます。
矯正歯科が発達していなかった時代は、八重歯を抜いてそのままにしておくことが多かったのですが、現代では、歯を移動させることで八重歯を八重歯でなくします。

受け口

受け口治療は大人の方が向いている!

基本的に矯正治療は大人より子どものほうが向いているのですが、受け口(前歯や奥歯の反対咬合)は成長が止まった大人の方が向いています。

アゴのコンプレックスありませんか?

重度の受け口だと、アゴ部分が強調されるので、「アゴが大きい」印象を人に与えます。
そういう顔をウリにしている芸人さんもいらっしゃいますが、多くの一般の人は、大きなアゴでいることを好まないものです。
受け口で噛み合わせに支障がある場合、外科的手術を併用する場合もあり得ます。ただ、いわゆる「顔のラインを整える美容整形」とはまったく違うものですから、健康保険の適用となります。ご安心ください。

気づかれずに矯正したい

目立ちにくい装置もあります

矯正のための装置はいくつかタイプがあります。患者さまのご希望や矯正の部位によって適切な装置をご提案いたします。

いっそ目立つ装置で「楽しい矯正ライフ」を

特に営業職の方などは、矯正装置が目立つのを嫌がる方が多かったのですが、昨今は事情が変わってきました。
わざと目立つ装置を装着することで、顧客により強く印象付けることができ、ビジネスシーンにおいて決してマイナスになっていないのです。
ときどき色目を変えてみたりすると、「あれ、色が変わったね」と声をかけてもらえたり、「調子はどう?」と気にかけてもらえたり。
うっとうしいと思われる矯正期間を楽しく乗りきる前向きな気持ちを、応援します。

矯正歯科BANクリニック お問い合わせ BAN通信
お問い合わせフォームへ tel:0562-45-0802