大人矯正について

tel_sp.png
お問い合わせフォームへ

歯科矯正を考えている大人の方へ

歯科矯正を考えながらも「今さら矯正しても…」と思っていらっしゃる方は少なくありません。現在、大人の方が子どもだった頃は、歯列矯正をして噛み合わせを整える、という認識が社会全体に多くありませんでした。
本来なら、噛み合わせは、もっと幼い時期に修正されるべきものなのですが、そういう機会に恵まれなかったのです。
今考えている矯正は、本当は子どものときに行われるものでした。

歯科矯正の技術は日進月歩

でも、安心してください。歯科矯正の技術はグンと進歩しています。人は命ある限り、食べたり飲んだり喋ったり口を使わない日はありません。その大切なお口を最善の状態に保つためのお手伝いをするのが、私の役目だと考えています。
どうか、「もう遅い」などと諦めないでください。きちんと噛むことも、大きな口をあけて笑うことも、人生にはとても大切です。

よい歯でよく噛み、よい人生

きちんとモノが噛めることは素晴らしいことです。きちんと噛めれば、消化機能に余分な負担もかかりません。整った歯並びの口元でなら誰の前でもにっこり微笑むことができます。
穏やかな微笑みで築いた人間関係は貴方の人生をより豊かにしてくれるはずです。

いつまでも若々しくいたいから

口元がキレイになると、表情が明るくなる気がするから不思議です。
そして上品さが生まれます。寄る年波には勝てなくても、若々しくいるための努力はできますね。

歯科矯正を考えている若い世代の方へ

口もとに自信はありますか?
人は意外と向き合った人の口元を見ているもの。歯並びが悪い、黄ばんでいるなどお口にコンプレックスがあると、思いきり笑ったり喋ったりできませんね。
歯科矯正で正しい歯並びに。自信のあるお口は必ずあなたの人生を変えてくれます。

大人になったら遅い?

健康はお口から

歯並びが悪い=見た目が悪いばかりじゃありません! 歯並びのせいできちんと噛めないことが多いのです。
歯並びは十人十色、だから歯科矯正治療も患者さまごとに違います。歯列矯正に「もう遅い」「今さら」はありません!
矯正歯科の技術も進歩しています。

昔は矯正歯科に対する意識が低かった

「矯正は子どもがやること」「大人は骨格が完成されてしまっているから無理」…
こんなふうに思っていませんか。確かに、骨格が完成されていない子ども時代に矯正をするのが望ましいことは確かです。
でも、思い出してみてください。今、大人である方々が子どもだったとき、まだ日本では矯正歯科に対する意識が薄く、さほど必要とは思われていませんでした。
特に、出っ歯やガチャ歯などの矯正治療は「見た目をよくするためのもので、医学的な治療ではない」という認識さえありました。

歯列矯正は予防歯科の第一線

時代は変わりました。歯科診療に対する考え方も予防が中心に考えられるようになり、矯正歯科に対しても、「見た目だけの問題じゃない」ことが理解されるようになってきました。
歯列矯正の必要性は、見た目よりもむしろ機能向上にあるのです。歯並びが悪いと、どうしても磨き残しも増え、それが虫歯の原因になったりもします。

また「噛みにくい」と感じている人はどうしても飲み込むような食事が多くなり、きちんと咀嚼しないので、胃腸に余分な負担がかかります。
いつまでも健康に過ごすためにはまず「きちんと食べること」。
そしてそのためには正しい歯並びで虫歯のないお口がとても大切なのです。

大人と子どもの矯正の違い

子どもの矯正のメリットは

何といっても、まだ骨格が完成されていないことが一番の利点です。抜歯をしないで治療できる可能性も広がります。
また「後戻り」が少ないこともメリットです。
発熱や下痢などちょっとした不調に親が気をつけるように、虫歯だけでなく、噛み合わせや歯並びなどにも気をつけてあげたいですね。

比較的長期にわたる子どもの矯正期間

一般的に子どもの歯科矯正は「一期治療」と「二期治療」に分かれます。永久歯が生える前と生えた後では矯正に使用する装置も変わります。

大人の矯正は比較的短期で結果が見えてくる

骨格が出来上がっている大人の矯正は、子どもの矯正とは少し事情が異なります。
子どもの矯正が年単位で進むのに対し、大人の矯正はほとんどが2~3年で一応の完結を見ます(患者さまにより異なります)。

見通しが立つから挫折しない、大人の矯正

大人は、患者さまご自身が歯列矯正の必要性を感じて来院されます。だから、多少窮屈な装置の着用や定期的な通院にもさほど苦なく自覚を持って取り組まれます。
この先の長い人生を考えれば、矯正期間は短いもの。口元の印象アップは、そのままあなたの印象アップにつながります。
無事矯正が終了したら、その先には今までと違う人生が待っているはずです。

意外とみられています! あなたの口元

「つまらなさそう」「意地悪に見える」なんて言われていませんか? 「人は見た目じゃない」のは確かです。でも見た目で損することがあるのもまた事実。
よく「相手の目を見て話しなさい」と言われます。親しい間柄ならこれは正論ですが、ビジネスの場において、あるいはそれほど親しくない人との間においては、必ずしも正論ではありません。 それでも相手の表情や反応を見ながら話をするのは社会生活では大切なこと。すると多くの人は「目」ではなく「口元」に視線を注ぎます。
自分の話をどう受け取ってくれているのか、批判的か好意的か、仲よくなれそうか、そうでもないのか。相手との関係において必要な情報をその表情から得ようとするのです。
そんなとき、歯が汚かったり、歯並びが悪かったりすると、印象もダウンしがちです。もちろん、あなたのよさは、付き合えば付き合うほど相手に理解されるでしょうが、そのスタートにおいてマイナスポイントは少ない方がスムーズにお付き合いが始まるはずです。
見られても平気な口元、自信がありますか?

外科的処置が必要なこともある大人の矯正

骨格がまだ成長段階の子どもの場合、矯正治療で外科的処置を必要とすることはめったにありません。アゴの成長発育を促したり、抑制したりしながら、正しい方向に誘導することで、歯とアゴを自然で理想的な位置に調整し、治療を進めていきます。
一方、すでに成長発育が止まった大人の場合、完成されたアゴをベースに治療を進めます。アゴの大きさに比べて歯が並びきらない、歯列が歪んでいる、などの場合抜歯をすることがあります。 もちろん、ご本人とよく相談の上での抜歯となります。
矯正歯科医が勝手に抜くようなことはありません。また、抜かなくても矯正が可能なら抜かずに治療をいたします。

大人矯正で大事なこと

一般歯科診療と並行することも

事前の診察やその時点での虫歯の状況にもよりますが、矯正の方針によって抜歯が必要とされる場合、せっかく時間とお金をかけて治療した歯を抜くことになるのは何とも悲しいことです。
「歯が痛くて日常生活に支障がある」場合は虫歯治療が優先ですが、決してそんな場合ばかりではないことも理解しておいてください。

すでに歯が抜けていても大丈夫

現在、中高年世代以上の方だと、すでに歯が何本か抜けている方もいらっしゃいます。
そういう場合も、決して矯正が無理というわけではありません。その欠けた部分をどうやって補って矯正していくか、いくつか方法があります。
ゆっくり相談して納得のいく方法で治療に入りましょう。

大人ならではの事情も

大人で矯正治療をしようと思う方の大半は、歯に被せ物がある場合が多く見られます。
また、歯周病に罹患している人も少なくありません。そんな、大人ならではの事情も踏まえながら矯正を進めましょう。

大人矯正のメリット、歯並びが悪いことのデメリット

社会生活を営む大人にとって、見た目の印象はとても大切

歯並びが悪いと、どうしても見た目の印象が悪くなってしまいます。また、歯が正しく並んでいることは、食べ物をきちんと咀嚼できるかどうかという点でも重要な要素です。
歯並びが悪いと歯磨きが徹底されにくく、虫歯の原因になりやすいもの。それでは一生歯科医と縁が切れないでしょう!
いつまでも「きちんと噛める」ことは、長い人生における身体全体の健康の源です。

矯正治療をするのに年齢制限はありません!

自分で「矯正したい」と思っていらっしゃる大人の患者さまの矯正治療は、効率的に進みます。ご来院される大人の患者さまは、理由はどうあれご自身がその必要性を感じて通院されるため、矯正治療だけでなく、歯磨きや装置の手入れなどにも気を遣うことができ、結果的に治療がスムーズに進みます。
大人になったからこそ、歯並びや噛み合わせの大切さに気づいたあなた、矯正をスタートさせるのは「今」ではないでしょうか!
子どもと違って、大人の患者さまには、それぞれのライフスタイルに合った治療法を選んでいただけます。

矯正歯科BANクリニック お問い合わせ BAN通信
お問い合わせフォームへ tel:0562-45-0802